So-net無料ブログ作成

第65回全日本大学野球選手権記念大会 決勝戦 中京学院大×中央学院大 6/12 [大学野球]

近年、地方リーグの実力が上がり、全国大会でも上位進出が多くなった。
昨年の覇者・早稲田大だが、ベスト4には流通経済大・神奈川大・上武大と地方リーグが勝ち上っている。
今年のベスト4は全て地方リーグの4校。中京学院大・奈良学園大・中央学院大・上武大である。
さて、初優勝はどちらの大学なのか。

●注目選手
中京学院大 : 吉川尚輝、栁川優太
中央学院大 : 石井聖太

        |1|2|3|4|5|6|7|8|9|計
-----------------------
中京学院大 |0|2|0|0|3|0|0|0|0|5
-----------------------
中央学院大 |0|0|0|1|0|0|0|0|1|2

中京学院大 : 栁川優太
中央学院大 : 田辺樹大 、臼井 浩

出場成績
中京学院大
1.4年.戸田勇次  (中) 遊ゴロ、遊ゴロ、三安、四球、左安
2.3年.南 亮介  (二) 三振、一ゴロ、中安、二ゴロ、三直
3.4年.吉川尚輝  (遊) 177/79 右左 BA
                タイミングの取り方がうまいバッティングと堅実的な守備を魅せる。
                左飛、中安、遊ゴロ、三振、三ゴロ
4.3年.石坂友貴  (三) 三振、左安、四球、右安、中飛
5.4年.山崎善隆  (捕) 四球、中飛、中安②、中安、一ゴロ
6.4年.楠 拓也   (DH)右中2①、三振、二ゴロ①、遊ゴロ
  4年.高田昭吾  (走)
7.2年.内藤大貴  (一) 二ゴロ、右2、右安、三振
8.3年.影山和也  (右) 遊失①、三振、左安
  2年.大向繁利  (打) 投ゴロ
  2年.藤岡幹太  (右)
9.2年.坂之下仁哉(左) 遊ゴロ、一ゴロ、三振、左飛
  4年.栁川優太  (投)

栁川優太 181/84 左左 MAX143 スライダー・チェンジアップ B
132~141㌔のストレート。内外角のコースを低めに丁寧な投球をする。制球力に秀でた投手。
9イニング 35打者 7被安打 3奪三振 3与四死球 2失点 2自責点

中央学院大
1.3年.竹村光司  (遊) 遊安、一邪飛、二直、一ゴロ
2.3年.山口啓太  (左) 投犠打、遊安、二ゴロ、二ゴロ
3.4年.成田昌駿  (二) 二ゴロ、一犠打、四球、四球
4.4年.志岐晴太郎(三) 一飛、中安①、中安、遊ゴロ
5.4年.深瀬 靖   (DH)三振、中安、右安
  4年.外山海斗  (走DH) 遊安
6.4年.長井 涼   (捕) 右邪飛、二直、二ゴロ、右2
7.4年.伊藤臣人  (一) 左飛、左邪飛、
  2年.椿 大    (打) 中飛、犠飛①
8.4年.千田僚介  (中) 二ゴロ、三振、四球、遊ゴロ
9.1年.沢辺 太   (右) 三振、一ゴロ
  4年.丸岡駿介  (打) 中飛
  4年.鈴木翔哉  (右) 右飛
  4年.田辺樹大  (投)
4年.臼井 浩  (投)

田辺樹大 175/80 左左 スライダー・スローカーブ C
常時135~141㌔のノビのあるストレート。
4 1/3イニング 21打者 6被安打 4奪三振 1与四死球 4失点 3自責点

臼井 浩
4 2/3イニング 18打者 4被安打 3奪三振 2与四死球 1失点 1自責点


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ